ログレスIS学園

剣と魔法のログレスいにしえの女神の役立つ情報を提供します!

【ログレス】宝剣アポロードのテンプレ装備!蘇生よりも需要ある?

スポンサーリンク
【ログレス】宝剣アポロードのテンプレ装備!蘇生よりも需要ある?

回もロードのテンプレ装備を
紹介していきたいと思います。

ロードは期間限定でのジョブ解放
ということもあり器用な一面があります。

ですので、いろいろなテンプレ装備が
考えれるので最近ハマっているんです(笑)

そして、今回は英傑の宝刀シリーズが
登場してから聖剣が加わりましたが
その聖剣の1つである「皇華の宝剣」を
装備したテンプレを紹介します。

最近では宝剣アポロードと呼ばれている
メイスのアポカリプスも加えた
武器構成で話を進めていきますね。


スポンサーリンク




ログレス 裏技 ↑↑↑97%の人が魔晶石をもらってる方法を公開中!

宝剣アポロードのテンプレ装備

皇華の宝剣(闇)
ログレス 皇華の宝剣宝剣をメインとして使うことで味方全体の
物魔防を大きく上げることができます。

さらに必殺スキルでは属性による
物魔防特大アップなのでダメージ減少
サポートとしては優秀です。

また、アポカリプスの必殺スキルとの
相性はかなりよく敵からの被ダメを
大きく減らすことができます。

宝剣の最大の欠点はリロード時間が
10秒であることだと思います。
アポカリプス×2
ログレス アポカリプス必殺スキルで味方全体の物魔防を大幅にアップさせ
さらに被ダメ1000以下の攻撃は無効にできるので
防御上昇バフを掛ければ「ガード」が発生します。
グルスフィッシャー(闇)
ログレス グルスフィッシャーあまり聞かない武器かもしれませんが
必殺スキルに特徴があります。

光属性に対してのダメージが増加し
さらに敵のHPが30%以下であれば
与えるダメージが「飛躍的」に上昇します。

消費EPが1なので宝剣でEPが減っている状態でも
全く痛くないので僕のおすすめ武器です。

呪紅の黒剣
ログレス 呪紅の黒剣アポカリプス使用時に敵からかなり注意を引くので
攻撃を避ける為に呪紅の黒剣があると便利。

必殺スキルでは最大HPが高いほど物攻と回避が上昇
するという効果があるので最近では天錘によって
最大HPも上がる場面が多いので装備する価値あり。

また、EP回収が遅いと感じた場合には
宝剣での攻撃ではなく命撃の細剣と同じスキルの
ダークディスティニーで攻撃しましょう。

闇+火の複合攻撃ですし最大攻撃回数も
5回なので命中がそれなりにあれば
全ヒットするので装備しておくといいですね。


スポンサーリンク




ログレス 裏技 ↑↑↑97%の人が魔晶石をもらってる方法を公開中!

宝剣アポロードは蘇生より需要ある?

多くの方が皇華の宝剣+アポカリプスを
武器構成に入れている場合は生者の護り手を
装備していると思います。

しかし、僕のテンプレの場合は
武器構成に生者の護り手を入れていません。

これはメイスばかりではせっかくの
ロードのアビリティが生かせないことと
宝剣でしか攻撃できないのは厳しいと
判断したからです。

仮に生者の護り手を入れたとして
アポカリプスもありますし
敵からターゲットにされやすくなります。

そうなれば、攻撃を受け床ペロする
可能性が格段に高くなってしまいます。

サポート役が床ペロするほど
情けないことはありませんよね。

ですので、呪紅によって回避を上げて
床ペロへのリスクを減らし攻撃もそれなりに
対応できる武器構成を考えました。

確かに蘇生ロードは需要はあるかも
しれませんが宝剣ロードなら
味方が床ペロするのを事前に防ぐことも
可能になってきます。

それも生者の護り手を入れなかった理由です。

それで、宝剣アポロードと蘇生ロードの
どちらが需要があるのか?

という疑問も出てくるかもしれませんね。

それに関しては最近では
宝剣アポロードの方が需要がある
感じられますね。

蘇生なんて床ペロ1人くらいでは
使用しないですしそもそも床ペロさせない
というスタイルが今は主流なのかも?

プリーストを本職でやっている方には
蘇生を持っていても武器構成に
入れていないという方も多いです。

味方を床ペロさせないのが前提で
プリーストをやっているという方も
もしかしたら多いのではないでしょうか?

宝剣アポロードも物魔防を上昇させて
被ダメを抑える補助をするので
床ペロへのリスクは激減しますよね。

ですので、蘇生はそこまで必要ないと
思いますし床ペロしないならそちらの方が
需要があるのはうなずけますね。

ということで今回は以上ですが
サポート重視ではなく火力タイプの
闇ロードのテンプレをあります。

是非、参考にしてみてくださいね!
“火力”闇ロードのテンプレ装備はこちら

それでは、よいログレスライフを!

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top